70


夏に聴きたいアイドルソングを、シュガープレス編集部が発売日に関わらず独断と偏見で紹介してみました!

【MV full】 ポニーテールとシュシュ / AKB48 [公式]
2010年に発売されたAKB48のシングルですが、すでにクラシックになりつつあるのではないでしょうか?サビの転調が醸し出す夏の開放感と、そこに乗っかるメロディの綺麗さが際立った楽曲です。



アイドルネッサンス「夏の決心」(MV)
フジテレビ系列で放送されていたポンキッキーズという子供向番組で流れていた曲のカバーです。改めて聴くと、アイドルが歌うのにピッタリの歌詞ですね。軽やかなリズムが気分を上げてくれます。



夢みるアドレセンス 『くらっちゅサマー』MV
元Cymbalsの矢野博康さんが手がけられたアイドルソングということで、ポップさとオシャレさがハイレベルで融合した爽やかなナンバーです。ケンタッキーフライドチキンの「クラッシャーズ」が食べたくなりますね。



【公式】つりビット『踊ろよ、フィッシュ』MV Full ver.
夏の曲と言えば山下達郎さん。ということでつりビットがカバーしたこの爽やかな名曲です。 ちなみにつりビットを呼ぶときは「つ」にアクセントを置きます。アイドルグループのアクセント難しい問題。



[MV] Perfume「VOICE」
歌詞のテーマは夏ではありませんが、和風なメロディが日本の夏を感じさせてくれます。他のPerfume楽曲やきゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」を聴いても分かるように、作曲者の中田ヤスタカさんは和メロが得意ですね。



[MV]CY8ER『かくしぇーむ』
こちらもクラブ風の西洋的なリズムに和風のメロディという組み合わせです。お祭り感が楽しいですね。これまた作曲者のYunomiさんは和メロが得意で、「大江戸コントローラー」などの和風の曲を多数作られています。クラブサウンドと和メロって、相性がいいのでしょうか?



sora tob sakana/夏の扉(MV)
ポストロックやエレクトロニカからの影響が見えるのは、ハイスイノナサの照井順政さんが楽曲をプロデュースしているからです。サウンドだけでなく、夏の匂いが漂うような歌詞にも注目。楽曲派アイドルファンには以前から知られているグループですが、新曲「New Stranger」ではTVアニメ「ハイスコアガール」のタイアップも決まり、ますます人気上昇間違いなしですね。


いかがでしょうか?アイドルの夏うたと言うと、水着で踊る王道アイドルソングのイメージが強いですが、色んなアイドルがいるように、色んな夏の形がありますね。