550

今年で3度目の公演となる戦時中の従軍看護婦の悲しくも輝いた生き様を描いた舞台
「従軍看護婦 女たちの戦場 」

補給も途絶えた南方の最前線で負傷兵を抱え爆撃の恐怖にさらされながらも懸命に看護婦としての使命を全うした若き従軍看護婦たちの青春を描いた今作。

この舞台の稽古場にて「青江鶴」役を演じる小澤綾乃さんにインタビューしてきました。
20180726-04



『ふとした瞬間に垣間見える素顔。時代が違えば青江鶴もまた普通の女の子だったのだろう』 



SP=シュガープレス編集部

SP:小澤さんは今回の舞台出演のお話をいただいたときはどう思いましたか?


小澤綾乃:私が演じさせていただくのは青江鶴という看護婦さんなんですが、私がまだ舞台経験も浅い中で(今回の舞台で2作品目)今回の舞台はすごく真面目な内容なので
いろいろ当時の資料をみながら勉強してて・・・見てくれた人にしっかり思いを伝えられるようにがんばりたいと思います。


SP:小澤綾乃さんは看護婦・青江鶴役を演じるにあたってどんな所を意識していますか?

小澤綾乃:見てくれた人に「あの子、看護学校出たのかな?」って思ってもらえるぐらい、違和感のない看護婦を演じたいと思います。がんばります!


SP:本日で稽古3日目(インタビュー時)とのことですが手ごたえはどうですか?

小澤綾乃:今回はセリフのない部分の演技が大事になってくるので、看護婦役のみんなで相談しながら動きとかを作ってます。
まだまだ悩む部分も多いのですけど、先輩たちにアドバイスをもらいながら頑張ってます。


SP:稽古を拝見しましたがふとした拍子に方言でしゃべる場面がかわいらしかったです。

小澤綾乃:ありがとうございます(笑)看護婦の中には東京の子もいれば地方からの子もいて、私の演じる青江ちゃんは地方出身なんです。






SP:それでは最後に舞台を楽しみにしている方たちにメッセージをお願いします。

小澤綾乃:いままでの私とは全く違う部分を見せたいと思いますし、戦争の悲惨さとか看護婦の勇気とかをしっかり見せていきたいと思うのでよろしくお願いします。
20180726-03

20180726-09
「西川純菜さん(右)と小澤綾乃さん(左)」


【公演名】
従軍看護婦~女たちの戦場~

【日程】
2018年8月7日(火)①19:00~
8月8日(水)①14:00~  ②19:00~
8月9日(木)①14:00~  ②19:00~
8月10日(金)①14:00~ ②19:00~
8月11日(土)①13:00~ ②18:00~
8月12日(日)①12:00~ ②16:00~

 
【出演者】
畠中清羅・副島美咲・横田ひかる・西川純奈・小澤綾乃・今田 萌・美月まりも・佐倉みも・光河玲奈

奥田武士・石尾吉達・横路 博・佐藤俊彦・武多和 勇人・河合国広・水野紫臣・北川和人 YUICHI・コンQ小山・幸坂奈菜央・古本美優・大司英奈・氏野有紀
 
 
【チケット】
前売り¥5,000- 当日¥5,500-

【チケット予約フォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/battlefield?m=0iiggci


twitter






【他の出演者のインタビュー】
sp1807