001
SUPER☆GiRLSは公式サイトで1日、第1期メンバー・渡邉ひかる(24)、宮崎理奈(24)、溝手るか(21)、2期メンバー・浅川梨奈(19)、内村莉彩(18)の5人が、来年1月11日のワンマンライブをもって卒業することを発表した。 



SUPER☆GiRLSはエイベックス初の正統派アイドルグループとして、2010年6月に結成。応募総数約7000人の中から第1期メンバー12人が合格。、同年12月にアルバム『超絶少女』でデビュー。その後は卒業や加入を経て、現在は第3期メンバーまでが所属し活動を行ってきた。

今年に入りすでに3人が卒業し、9人体制ととなっていたが今回の5名が卒業することで1期メンバーは全員が卒業することになる。 

SUPER☆GiRLSは今後、新メンバーを加えて活動を継続し、2020年の結成10周年に再び日本武道館ライブを行うことを目指す。 


現体制9人でのラストステージは11月4日に東京・渋谷 AiiA 2.5 Theater Tokyoで行われる「SUPER☆GiRLS 超LIVE 2018 & 超オーディション!!!!」となる。
 

 気になる卒業メンバー5人の今後の活動についてはラストライブ『SUPER☆GiRLS 超LIVE 2019~新たなる道へ~』は、来年1月11日に東京・Zepp DiverCityで発表されるとのこと。 



公式サイトには5人のコメントも掲載されている。

【公式サイト】
SUPER☆GiRLSメンバーに関して重要なお知らせ